ヴィパッサナー瞑想 その後

ヴィパッサナー瞑想合宿のその後

ヴィパッサナー瞑想合宿に参加して早2年が経とうとしているが、(執筆時は2014年10月です。)現在筆者はヴィパッサナー瞑想は実践していない。

 

 

東京から田舎に里帰りし、実家での生活をはじめ、ヴィパッサナー瞑想合宿では、長年親不孝もやって来て、育ててくれた事に感謝し、その恩返しに色々してあげたい。

 

親子孝行してあげたい!
そう考えて帰ってきたのだが、やはり現実はそう簡単では無く、日常があればそこにすっぽり収まってしまい、半年?位で元に戻ってしまい、いつしかヴィパッサナー瞑想も実践しないようになってしまった。

 

 

環境に甘えてしまっているという事もあるし、忙しい日常でヴィパッサナー瞑想を実践する時間もない(実際はあるのだが…)など言い訳してしまいやっていない。

 

 

 

だが思うのは、実践しなくなったタイミングでなんだか良くない方向に向かっているというのは感じた。

 

周囲に対し、割と素直に出来ていたものも、ヴィパッサナー瞑想を全くしなくなった事によってバラバラに壊れてしまい、更に反動が出てしまっているようにも思った。

 

 

そういえばヴィパッサナー瞑想を紹介してくれた知人も、何かそのような事をほのめかしていたような気がする…反動は必ずあるものなのかもしれない。

 

 

人の心は本当に不思議である。

 

 

一度あんなに素直になれたのに、またすぐに忘れ戻って繰り返してしまう…

 

まぁ、これが難しい所なのだと思う。

 

 

ヴィパッサナー瞑想のホームページにも歯車がモチーフとして描かれているが、まさにこの車輪の如く、人間の苦悩はぐるぐると繰り返されていくのだと思う。

 

 

瞑想自体には興味はあるし、宗教ではない瞑想法はやったほうがより良い人生を送ることが出来ると感じているので、何かしら取り組んで行きたいと考えている。

 

今後は、どうやったら上手く生活に取り入れるのか考えて行きたいと思う。