ヴィパッサナー瞑想 短い少しの時間 効果

ヴィパッサナー瞑想を短い少しの時間だけやるのは効果はある?

ヴィパッサナー瞑想は短時間だけやるのは意味があるのかな?という事は気になる事なのではないかなと思います。

 

これについては、瞑想に取り組む時間にもよると思いますが、効果はあると思います。

 

 

これについては、ヴィパッサナー瞑想は様々な所で利用されていますが、取り組む時に具体的にどれくらいの時間をかけないといけないというものはありませんので自由にやってみると良いと思います。

 

 

ヴィパッサナー瞑想の合宿においても1日のほとんどの時間を瞑想に費やす訳ですが、その時間はスケジュールによってバラバラで決まっていません。(1時間半〜2時間半など)

 

 

こういう事を考えると、例え短時間でも効果はあると言う事が出来ると思います。

 

 

 

しかし、ヴィパッサナー瞑想は高い集中力が必要とされています。

 

 

その為あまりにも短い時間しか実践できないという場合は、正確にはヴィパッサナー瞑想では無く、鼻の辺りの呼吸を観察するアナパナ(アーナパーナー)瞑想を行う方が効果は高いのではないかなと思います。

 

 

実際にインドや中東の方では数分のアナパナ瞑想を日常的に行うという習慣があり、多くの方が実践していると言われていますので

 

 

  • リラックスしたい時
  •  

  • 集中力を高めたいとき
  •  

  • 頭をスッキリさせたい時
  •  

  • イライラを収めたい時
  •  

  • モヤモヤする時

 

 

などには効果的だと思います。

 

 

これらの方法は、良く考えてみるとヨガや座禅・気功・リラグゼーション・体操・スポーツなど様々なものに共通した呼吸法だと考える事も出来ます。

 

 

瞑想でなければわざわざ呼吸に意識を集中するという事はしないと思いますが、大抵の物事においては自然と呼吸を整えるという事は用いられていますので、これは効果が高いという何よりの証拠なのではないかなと思います。

 

 

腹式呼吸なども、様々な物事において関連しています。

 

 

アナパナに関しても理想は、呼吸を見る・見ると意識するのでは無く、鼻に空気が当たっている位の軽い意識・または無意識で、自然に観察するのが理想的なのではないかなと思います。

 

 

ヴィパッサナー瞑想に関しては、アナパナで集中力を高め、思考がクリーンになって来てから移行して行くのが良いと思いますので、そう考えると人によると思いますが、30分以上の時間はあったほうが良いのではないのかなと思います。

 

 

また、アナパナ瞑想でも自我や思考を整えたり、エネルギーを充電したりという事は十分可能だと思いますので、時間が無い場合は休憩や何かの合間に取り組んでみると、作業効率を高めたり集中力を高めるのに役に立つのではないかなと思います。

 

 

こう考えると、アナパナは忙しい現代人にはとても向いている瞑想法なのだなと思います。