ヴィパッサナー瞑想 人間関係 上手く行くようになる

ヴィパッサナー瞑想をすれば人間関係も上手く行くようになる?

ヴィパッサナー瞑想を実践する事で、人間関係やコミュニケーション能力はアップするのかという事について疑問に思う事はあるのではないかなと思いますが、これについては効果があると言えるのではないかなと思います。

 

実際に実践者においても、対人関係が上手く行くようになったという例はとても多くみられるようです。

 

 

そして、気になるのは、なぜヴィパッサナー瞑想を実践すると人間関係が上手く行くようになるのかというと、自分自身が変わるからです。

 

 

大抵人間関係に問題がある場合は、周囲が悪い、自分は悪くないと思い、周囲に変化する事を望んだり求めたりという事をやってしまいがちですが、そういう事をしてもほとんどの場合は自分の望んだ通りにはなりませんし、上手くいかないと思います。

 

 

周囲は簡単に変える事は出来ませんが、自分自身なら幾らでも変える事が可能です。

 

 

この時に、「自分は変わる必要はあるのか?」「自分は悪くない」と考えてしまうかもしれませんが、ヴィパッサナー瞑想を実践するとこういう考え方を根源から変化させるという事が出来ます。

 

 

ヴィパッサナー瞑想は、ありのままを観察する瞑想・気づきの瞑想と言われていますが、瞑想に取り組む事によって自分自身の心の状態・感情を冷静に観察して、自分の心の状態を穏やかに整えるという事ができるようになります。

 

 

日常生活において、自分の心は見えているし、自分は常に冷静だと思っているかもしれませんが、周囲から言われた事やふと思い出した記憶、突然起きた目の前の現象などによって、怒り・悲しみ・苦しみ・憎しみ・迷い・嫉妬・後悔・悩みなどが生じてしまって、その感情に従って行動をしてしまっているのであれば、それは自分の心をコントロールしているとは言えませんし、冷静であるとも言えません。

 

こういった感情は嫌なものや苦しみばかりで望んではいなく本位でもないのに、何もしなければ勝手にこういう状態に陥ってしまいます。

 

 

これが延々と繰り返される事でどんどんストレスも積み重なって、我慢しきれなくなってしまうといつかどこかで大爆発してしまいます。

 

 

こういう事は、冷静に考えらたわかる事なのですが、しかし、イライラを引き起こす原因はそこらじゅういたる所にありますし、いつ襲ってくるかもわかりませんし、それをどうやったら無くす事ができるかという方法もわかりません。

 

 

…と、こういう状態に陥っている人は非常に多いのではないかなと思いますが、このイライラを発生させないようにするには、日頃から自分の心・感情をコントロールできるようになっていれば良いという事になります。

 

 

そして、日頃からコントロールする事を可能にするのがヴィパッサナー瞑想という事になります。

 

 

自分自身の心がコントロールできるようになれば、原因があったとしても、苦しみが生まれる瞬間を観察する事によってそのまま反応せずに浄化させるという事が可能になります。

 

 

こういう技術を身につけると、人間関係や対人コミュニケーション・日常生活もとても楽になります。

 

 

心が苦しみを受けなくなれば、心はどんどん浄化されて成長して行きますので生活も楽になりますし、エネルギーも溜まってやる気も出るという好循環が生まれるようになります。

 

 

こういう技術を身につけると、例えば壊れてしまった人間関係というものは、過去に何かしら原因があった蟠りがいつまでも残っており、会うたびにその事を思い出して険悪な関係になってしまう訳ですが、それは遠い過去のものですので、そういったものは観察→浄化させてしまえば、残るは目の前の人がどうなのかという話になります。

 

 

こちらが本気で過去の因果をクリアにして心から向き合えば、もしかしたらその場で過去の事は消えてなくす事が出来るかもしれません。

 

 

過去の蟠りなどが強ければ強い程、現在の目の前に居る人の真実の姿というものは曇って見えてしまうものです。

 

 

その曇とは自分の心が生み出しているものですので、それは幻想であり幻という事になります。

 

 

ですので、そんな曇りメガネは日頃からかけない、作らないようにという取り組みが必要になりますが、それを可能にするのがヴィパッサナー瞑想という事になります。

 

 

日常生活では、「この人はこういう人だったからきっとこれもダメだろうな」などと人を色眼鏡で判断するという事は普通に沢山やってしまっている事だったりもしますが、こういったことをしないように心がけて行けば、目の前の人の真実の姿がハッキリ見えるようになります。

 

自分の心を正しく観るという事はこういう事にも繋がって行きます。