ヴィパッサナー瞑想 1日目

1日目

初日は慣れないテント生活だからか、生活パターン夜モードからのスタートだからか、ほとんど寝れなかったと思う。

 

長い夜になってしまった、が、テント泊は怖いかなと思っていたがそうでもなかった、ちょっと下が硬くて痛いかな位。

 

下には木で底上げされた土台があるので、立派な作りだなと思う。

 

 

そんなこんなでカーンと鐘の音が鳴り、4:00に起床。

 

 

ヴィパッサナー瞑想合宿では全て鐘の合図で時間を知る事になる。

 

 

4:00ってまだ真っ暗。
ほぼ夜状態。

 

確か、初日は明確なスタートって言う感じがなく、というのも、4:30 - 6:30 ホールまたは各自の部屋で瞑想となっていて、勝手にやってね!っていうかなりアバウトなニュアンスなので、え?って感じなのだ。

 

そんな、ノリでは当然筆者はダメ人間なのでまともにはやれるはずもなく…準備をしぼーっとし、朝食を待つ。

 

そういえば合宿での1日は、規則的な時間割で行動するのだが、時間割はこんな感じだ。

 

 

午前 4:00 起床のベル

 

4:30 - 6:30 ホールまたは各自の部屋で瞑想

 

6:30 - 8:00 朝食と休憩

 

8:00 - 9:00 ホールでグループ瞑想

 

9:00 - 11:00 ホールまたは各自の部屋で瞑想

 

11:00 - 1:00 昼食と休憩

 

午後 12:00 - 1:00 指導者との面談

 

1:00 - 2:30 ホールまたは各自の部屋で瞑想

 

2:30 - 3:30 ホールでグループ瞑想

 

3:30 - 5:00 ホールまたは各自の部屋で瞑想

 

5:00 - 6:00 お茶と休憩

 

6:00 - 7:00 ホールでグループ瞑想

 

7:00 - 8:15 ゴエンカ師の講話

 

8:15 - 9:00 ホールでグループ瞑想

 

9:00 - 9:30 ホールで質問の時間

 

9:30 就寝/消灯

 

 

10日間はこれに従って行動していく。

 

ざっと毎日10時間程度瞑想する事になる。

 

正直最初は退屈だし、面倒だし、こんな瞑想ばかりしていて10日間どうしようって思っていた。

 

 

ちなみに、各自での瞑想は、かなりアバウトな感じで、サボろうと思えば幾らでもサボれる。

 

必ず参加しないといけないのが、1日4回あるホールでのグループ瞑想で、ここでキチンとしたヴィパッサナー瞑想の極意を学ぶ。

 

 

初日はそれを理解しておらず、グループ瞑想もテントでやろうとサボりモードだったら、マネージャーに見つかってしまい、指導を受けてしまった…。

 

一応人が居なければ部屋などを見回るようだ。

 

瞑想は、1日目はアーナパーナーという呼吸の瞑想を実践する。

 

 

ネパール人?っぽい人が参加していて、後日聞いた話によると、アーナパーナーはインドでは皆、集中力を高める時にやっているそうで、鼻から口にかけての三角形の部分に意識を集中して、鼻から吸ってゆっくり吐き出すという呼吸法。

 

これをひたすら集中力を高めるべく取り組む。

 

 

1日〜3日目まではこのアーナパーナーを気が狂いそうになる程にやり続ける。

 

 

ネパールの方も「ネパールでやってるけど、こんなバカみたいにやらないよ!」と驚いていたのには笑った。

 

そんな感じで、慣れない瞑想体験に、足も痛く、早くヴィパッサナー教えてくれ!との思いで1日目は終わる。