ヴィパッサナー瞑想 4日目

4日目

いよいよヴィパッサナー瞑想が今日から始まる!

 

3日間ひたすら磨いて来たアーナパーナーの成果が試される時だ!

 

 

確か、普通に1日が始まり、午後のグループ瞑想からヴィパッサナー瞑想の指導が始まったように記憶している。

 

ゴエンカ式ヴィパッサナー瞑想では、まず集中力を高めないと効果が薄いため、こういった段階をとっているよう。

 

 

ヴィパッサナー瞑想法は、体の頂点の頭からつま先までじっくり観察し身体の表面を感じていく。

 

これをひたすら繰り返して行く。

 

 

表面を感じて行くと、今までのアーナパーナーで集中力が極限にまで高められているからか、肌がピリッとしたり、かゆみを感じたり、色々な感覚がある事に気が付く。

 

 

体中をじっくり観察していくと実に疲れる…。

 

しかし、ひたすら集中…瞑想に没頭。

 

 

 

夜の講話では、ヴィパッサナー瞑想の解説があった。

 

ヴィパッサナー瞑想の講話では、人間は五感があり、感覚が刺激を受けると無意識にそれに反応してしまう。

 

嫌なものを見れば不快だと感じ、心地よいものにはもっと欲しいと、渇望が生まれる。

 

これが、人間の根本的な苦しみを生み出す結果となる。

 

 

この反応は、全て無意識の元に行われており、何も意識しなければ自分でコントロールしたりは出来ない。

 

 

嫌だ!と思えば即座に嫌だ!と反発してしまい、心地よいものにはどこまでも心奪われてしまうが、結局どこまで行っても満たされる事はない、穴の空いたバケツと同じ…。

 

 

ヴィパッサナー瞑想を実践する事によって、この無意識の反応に気づき、即座に反応しないように心を鍛えて行く。

 

 

反応が苦を生み出しているのなら、その苦を生み出す元を絶ってしまう。

 

全ては自分の心で起きている反応ならば、その心が苦を生み出さないようにする。

 

 

これが、いわゆるヴィパッサナー瞑想法の極意との事。

 

 

頭では理解できても、実際に体が反応してしまっては意味が無いので、そこを実践に落とし込んで行くために、最低限10日間の実践が必要という訳だ。

 

 

 

なんだか、謎が段々繋がって来る推理ものの映画のよう。

 

 

理論に納得するも、ん?でも、だからってなんで身体の観察?と納得していない自分もいるのであった。